女性の脱毛症の種類

女性型の脱毛症について紹介

女性にみられる脱毛症の種類と原因について解説します。

 

女性型の脱毛症は一般に4種類に分類されています。男性型の脱毛症の原因はほとんどの場合男性ホルモンに関係しており、現れる症状も、額や頭頂部が薄くなるなど規則性があります。しかし女性の薄毛は原因も症状もさまざまです。

 

女性モデル

 

当然、原因によって対策も違ってきますから、髪が薄くなってきたと感じたら、まずはどのタイプの症状なのかを把握することが大切です。

 

びまん性脱毛症

女性に最も多く見られるタイプで、髪全体が薄くなるのが特徴です。全体がまとまって薄くなるため症状がわかりづらく、ある程度進んでしまって初めて気づくというケースも少なくありません。

 

びまん性脱毛症は、加齢やストレス、ダイエットによる栄養不良、シャンプーのしすぎなど原因が多岐に渡っています。

分娩後脱毛症

産後脱毛症ともいいます。出産後、一時的に抜け毛が増えたり、髪が痩せる症状で、赤ちゃんを産んだことがある方の多くが、何らかの形で経験していると思います。

 

髪は女性ホルモンと深い関わりがありますが、妊娠・出産で女性ホルモンが急激に増加すると、ヘアサイクルが激しく変動して、髪が抜けてしまうことが原因と考えられています。

ひこう性脱毛症

大量のフケが毛穴をふさぐことで髪が正常に成長できなくなり、そのまま抜け落ちてしまう症状です。頭皮の常在菌の異常繁殖やアレルギーなどが原因として考えられていますが、まだ明確な解明はされていません。

 

この症状の場合は、かさぶた状になったフケが急激に増えるのが特徴です。多少フケが増えただけではひこう性脱毛症ではないので、安心してください。

牽引性脱毛症

牽引とは引っぱることで、文字通り髪が引っぱられすぎた結果生じる脱毛症です。ポニーテールやお団子ヘアのように、髪をきつく結ぶスタイルを長年続けていると、頭皮や髪の毛、毛根などに負担が蓄積して、髪が切れやすくなったり、抜けやすくなったりします。カチューシャやヘアバンドを常用したり、分け目を同じ箇所につけることも、分け目部分の髪が脱毛する原因になります。分け目の場合は、紫外線を受けることも原因かもしれません。

 

この症状は比較的改善が容易です。強く結う髪型をやめたり、分け目を時々変えるだけで頭皮の負担は軽減されますから、症状も軽くなるといわれます。

 

女性型の脱毛は厄介ですが、原因を突き止めれば改善は不可能ではありません。上記の脱毛症の種類を参考にしてみてください。

 

 

薄毛に悩む女性のための育毛剤はこちら。