ブロッコリーと育毛

ブロッコリースプラウトは薄毛の救世主?

薄毛に効く食材、育毛効果のある食材はいろいろありますが、ブロッコリーもそのひとつです。ブロッコリーはアブラナ科の緑黄色野菜。カリフラワーと同じように花を食べるタイプの野菜ですね。

 

実は、ブロッコリーは発毛研究で今一番ホットな野菜なんですよ。ブロッコリーの芽である、ブロッコリースプラウトから育毛効果のある成分が発見され、研究者の間で注目されています。ブロッコリースプラウトから採取したエキスを毛母細胞につけたところ、1.8倍の細胞分裂が確認されたのだそうです。現在サプリメントの開発も視野に入れて研究が進んでいるようです。

 

あくまでもエキスが毛母細胞に接触した場合の効果なので、食べれば髪が生成されるというわけではないのが、少し残念ですね。

 

でも、ブロッコリースプラウトには、辛み成分の「スルフォラファン」という成分が豊富に含まれており、このスルフォラファンには、抗酸化作用を始め、体内の解毒作用、アレルギーの軽減といった、数多くの作用があることがわかっています。薄毛は体をトータルにケアすることが不可欠ですから、スプラウトをたくさん摂るのも無意味ではないかもしれませんよ。スルフォラファンは熱に弱いので、サラダにして食べてください。

 

もっと直接的な育毛効果はないの? という方は、女性には関係なく、男性限定ですが成長した株を食べるのをおすすめします。

 

ブロッコリー

 

ブロッコリーには「インドール3カルビノール」という成分が含まれています。これは、有機化合物の「インドール」の一種ですが、体内に摂取されると、胃酸によって「ジインドリルメタン」という成分に変化します。この成分には、男性ホルモンの働きを抑制する作用があります。

 

男性の薄毛の原因のほとんどは、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が、髪の生成を阻害するのがその原因ですから、ブロッコリーを食べることで脱毛が抑えられることになります。

 

この成分はキャベツやカリフラワーなどアブラナ科の野菜にはたいてい含まれているようなので、ブロッコリーが苦手ならば別な野菜で代用ができますよ。

 

 

薄毛に悩む女性のための育毛剤はこちら。